COSTAneoROMANTICA 
*就航年 1993年(2012年改装)  *全長 220.6m *船籍   イタリア  *全幅30.8m     *最大乗客数1800人     
*客室数 789室     *総トン数 約5万7000トン      *速度 18.5ノット        *クルー  622人
 
「日本海・韓国満喫」6日間クルーズ
 クルーズスケジュール 
 
第1日目 2019年7月28日(日)
 
 今回のクルーズは舞鶴港から出港なので自宅を自家用車で午前9時頃出発して京奈和自動車道、京都縦貫自動車道を走り途中、道の駅「京丹波 味夢の里」で昼食を取り舞鶴港に向かう。 乗船まで時間が十分あったので舞鶴赤レンガパークを見学。
 
赤レンガパーク見学後、乗船受付時間が近づいたので、車を舞鶴港無料駐車場に止めシャトルバスにて乗船ターミナルへ向かう。 
 乗船ターミナルでPM15:30頃乗船チェックインをし5泊6日のクルーズのスタート。今回はイタリア船籍なのでイタリア料理を期待して乗船。
舞鶴港接岸中のコスタ  ネオロマンチカ   
 デッキ前方のプール    デッキ後方のプール
定刻PM22:00金沢港に向けて舞鶴港を出港
 
 第2日目 2019年7月29日(月)
 AM7:40金沢港に接岸し、AM10:20頃下船 加賀温泉郷の若女将の歓迎を受け記念写真を撮る
 
金沢市内観光 
  金沢港からシャトルバスでJR金沢駅まで向かい、バス案内所でフリー乗降が可能な1日フリー乗車券を購入し金沢東口駅金沢周遊バス(RL)に乗車。兼六園は何度か訪れているので今回の観光は橋馬町で下車し最初の目的地ひがし茶屋街へ向かう。
ひがし茶屋町観光
 情緒あふれる金沢三茶屋街の一つ。金箔や和菓子、金沢のかわいい小物などのお土産屋さんや、おしゃれなカフェなどが並んでいます。
   
     
ひがし茶屋街を観光後、周遊バスにて武藏ヶ辻まで出かけ、新鮮な海産物や加賀野菜が売られている金沢市民の台所近江町市場での昼食は新鮮な海鮮丼を食しました。昼食後、金沢21世紀美術館見学に出掛けましたが、ちょうど休館日に当たり入館できませんでした。
近江町市場  金沢21世紀美術館 敷地内にあるモニメント 
 
 美術館が休館だったので、観光場所を変え周瑜バスで香林坊で下車して、長町武家屋敷跡観光に向かう 。
武家屋敷跡界隈観光
 藩政時代に加賀藩の中級武士が暮らしていたところで、細い路地や土塀、長屋門は往時の姿を留めています。
  大野庄  用水 
 ページトップへ戻る
土産物屋 武家屋敷跡 野村家   
 長町武家屋敷跡の観光を終え再び香林坊バス停からJR金沢駅に向かい金沢駅にてシャトルバスに乗り換え金沢港に向かい、乗船ターミナルでチェックインし乗船。金沢市内観光は有意義な時間を過ごせました。
 PM17:00からCabaret Vienna 9階で緊急避難時に備えた安全に関する説明を受け、ライフジャケットをつけ避難時の避難方法や避難ルート、避難場所を確認させていただきました。
 PM17:30ディナータイム期待していた食事はやはり今夜も裏切られ満足なイタリアンはいただけませんでした。夕食後、落ち着いてショーを見る場所もなくデッキ内をぶらぶらとして時間をつぶしシャワーを浴び就寝。
金沢港出航PM18:00  
第3月日目 2019年7月30日(火)                                  
 境港AM8:00接岸。下船がスムーズに出来たので思ったより早く観光に出掛けられました。ツァーオプションには参加せず自由行動での観光。シャトルバス(有料)でJR境港駅へ向かい水木しげるロードを観光。
水木しげるロード観光
 JR境港から続く商店街は、漫画家水木しげるが描く妖怪ワールドが満載。鬼太郎やねずみ男などの妖怪のモニメントが歩道に立ち並んでまるで街全体が妖怪の街のよう。
境港に接岸中のコスタ・ネオロマンチカ  JR境港駅前  電話ボックス
     
 水木しげるロードの妖怪たち 
  水木しげる夫婦の銅像   水木しげる記念館
 
 
 暑い日差しの中、水木しげるロードを観光後、境港駅前からシャトルバスにて船に戻りGiardinoBiuffet(10階)で少し遅めの昼食を取りました。昼食後は、船内散策。
 今夜のドレスコードはフォーマル。 19:00からGrand Bar Piazza Italiaで開催される船長主催のカクテルパーティーに参加。
Sokratis Skiavos船長  クルーズスタッフの紹介   
 ディナータイムはクルースタッフたちとイタリアンらしく陽気に歌え、踊れと大騒ぎになりました。 
 夕食後、GrandGrand Bar Italiara.でテノール歌手「CIOVANNI CUCUCCIO」のコンサート、ANIMA ITALIANA(イタリアの魂)を聞きました。
ページトップへ戻る
 境港出航:17:00       
 
 第4月日目 2019年7月31日(水)
 釜山港にAM9:00接岸。 
船上デッキからの釜山港周辺の景色
   
     
 心情的にあまり乗り気でなかったので、釜山市内は観光せずにシャトルバスで乗船ターミナルまで行く。このターミナルから対馬行き、博多行きなどの高速船が出ているようなのですが乗客の姿はなく閑散とした状態でした。ターミナル内は遊ぶ所もなく時間を潰す場所もないので船に戻ろうと思いシャトルバスの乗り場に行ったのですがバスの運転手が休憩時間なので運行出来ない事だったので、船まで徒歩で帰ろうと思いターミナルの職員に帰り道を聞くと親切に近道の場所まで案内してくれ、おまけにちょうど従業員が船まで行き来する車が帰ってきたので船まで送ってくれることまで指示してくれました。
 親切なおじさんありがとう。
 ランチタイムに遅れたのでメインレストランで食事が出来ず、昼食は10階のGiardino Buffet(ビッフェ))で好みの料理をチョイスして食べました。食後は、船内のアトラクションで何か興味のあるものはないかと散策しながら船内をぶらぶらと時間を潰す。
 誕生日を船の上でと思いクルーズを予約したがディナータイムでは誕生日のお祝いはしていない様だったので、ディナーは二人でお祝いしようと思い有料レストランCasanovaを予約しました。予約時間まで時間があるので”GRAND VARIETYSHOW”を鑑賞。
 
 傘寿(80歳)の祝いを有料レストランCasanovaでヴァイオリンの生演奏を聴きながらディナーを楽しみました。レストランも小さなバースディーケーキも出してくれ、ヴァイオリン奏者が「我が人生に悔い無き」を私の席の横で演奏して祝福してくれ素敵なバースデーになりました。
夕食後Grand Bar Piazza Italia8階で「PASSION」ラテンダンサーのダンスショーを観賞。
ページトップへ戻る
     
     釜山港出航19:00
     
第5月日目 2019年8月1日(木)
 
 博多港AM8:00接岸
博多港  AM9:00下船   中央ふ頭クルーズセンター
福岡市内観光 
 船から午前9時に下船して、中央ふ頭クルーズセンターからシャトルバスがないので博多港国際ターミナルまで徒歩で向かう。国際ターミナルからバスで天神まで向かい天神大丸前で下車する。地下街商店街を散策してその後地下鉄で大濠公園へ大濠公園は季節的に何も見るところもなくすぐに敷き返し地下鉄で中津川端駅へ向かい上川端商店街を散策しながら博多祇園山笠で有名な櫛田神社に参拝。
 大濠 公園  上川端商店街 
 
櫛田神社 
 博多祇園山笠が奉納される神社。
画像クリックで拡大    
 櫛田神社参拝後、上川端商店街で昼食を済ませて天神エリアまでぶらりぶらりと散策しながらソラリアステージ前のバス停へ行き、博多港国際ターミナル行きのバスに乗車。中央ふ頭クルーズセンターへPM14:20頃到着し乗船。船室内で少し休み、ディナータイム迄船内を散策。16:30からGrand Bar Piazza italiaで行われる下船説明会に参加、荷物のタグ、荷物の回収方法、清算方法、アンケートなどについての説明を受ける。17:00からBotticelli Restaurantでディナー。
 
 夕食後、Grand Bar Piazza Italia8階でラテンダンサーズショー「LATIN]を鑑賞。引き続き行われた”トロピカルパーティー”に参加。
 トロピカルパーティー終了後、船室に戻り下船の用意スーツケースに衣服を詰めネームタグを付けて船室前の廊下に出して就寝。
 6日間のクルーズを終えていよいよ舞鶴港に向けて博多港出港 PM16:00 
     トップページへ戻る
 
 第6月日目 2019年8月2日(金)
 舞鶴港到着PM12:45 予定   最終下船日
 
 朝食を終えて下船の為船室をチェックアウトして船内での最終清算のチェックを終了。
下船迄時間があるのでAM10:20からVia Condotti(ショップ前)9階で行われていたプロダクションダンサーがモデルで登場するファッションショーを見学
 
 
 ファッションショー見学後、Glanino Buffet 10階ブッフェで早めの昼食を終えて舞鶴港への接岸を待つ。
予定時刻PM12:45舞鶴港に接岸。午後2時過ぎに下船許可が下り入国手続きをして乗客ターミナルでスーツケースを受け取る。舞鶴港の無料駐車場迄シャトルバスで向かい、自家用車乗り換え帰宅の途に就く。夕刻無事自宅に到着。
 今回のクルーズは5泊6日のショートクルーズではあったがイタリア船なので料理を期待して乗ったのですが随分期待を裏切られてしまいました。前回乗ったダイアモンドプリンセスの食事とは雲泥の差があった。食事は一番の楽しみなので食事がまずいとがっかりです。次回乗る時は食事の程度もよく吟味してクルーズの申し込みの参考とすることにしました。
 
トップへーじへ戻る