ダイアモンド・プリンセス 
大阪発着!陽気に沖縄・台湾9日間のクルーズ

2004年に日本で建造されデビューした大型客船。三菱重工長崎造船所の技術により地球環境に配慮し日本向けにカスタマイズした多彩なな施設で快適なクルーズを実現できる設計です。
  就航:2004年(2014年3月改装) 全長:290m  全幅:37.5m  航海速力:22ノット(41Km/h) 総トン数:115.875トン 
   乗客定員:2,706人  乗組員:1,240人   
船籍:英国 

ダイアモンド・プリンセス 航海記 2019年2月16日(土)~2月24日(日)
             クルーズスケジュール 
第1日目 2月16日(土)   大阪港     18:00 出港
第2日目 2月17日(日)   終日クルージング
第3日目 2月18日(月)   那覇港     7:00 入港  15:00 出港
第4日目 2月19日(火)   基隆港(台北) 9:00 入港 17:00 出港
第5日目 2月20日(水)   終日クルージング
第6日目 2月21日(木)   終日クルージング
第7日目 2月22日(金)   横浜港     6:00 入港  17:00 出港
第8日目 2月23日(土)   名古屋港    7:00 入港  16:00 出港
第9日目 2月24日(日)   大阪港     8:00 入港
第1日目 2月16日(土)   今夜のドレスコードはスマートカジュアル
 
 北欧に旅行した時に、1泊2日のクルージングの経験はあるのですが今回夫婦共々本格的な船旅は初めてで船上生活が不安と希望の複雑な心境のまま午前10時頃我が家を出発し大阪メトロ中央線で大阪港に向かう。
 大阪港で乗船手続き。受付で事前に知らされていた部屋番(P204)と違った部屋番(A408)を伝えられ間違っていないかと確認したところ間違い無いとの事で乗船手続きを終え、いよいよ船上生活の第一歩が始まりました。伝えられた船室(アロハデッキ12)に行くとびっくり申し込んでいたランクよりアップされたバルコニー付きの部屋おまけに船の中央部で値段も高い部屋でした。スーツケースはまだ届いていなかったので取り合えずF14デッキにあるビフェスタイルのトライアントグリルで遅めの昼食を済ませた。
 16:00から各フロアーに分かれ全員参加の避難訓練がエックスプローラーズ・ラウンジデッキであり参加した。船内放送で船のエンジントラブルがあり出港が遅れるのの知らせがあった。
 17:30からデナァータイム。インターナショナルダイニングルーム、18番テーブル航海中は同じテーブルで同じ時間同席者も変わらないようです。料理はフルコース、メニューの中から好きな物をチョイスできます。同席者は岡山からのご夫婦、枚方からのご夫婦、宇治からの親子、何度も船旅を経験されている方々で初めての船旅は私共だけでしたが和気あいあいと初対面と思われないほど食事中話がはずみました。
 食事が終わった後、シアターでバルンショーを鑑賞。その後デッキに出てみたのですがまだ出港していない様子。部屋に戻るとスーツケースが届いていたので荷ほどきをしてクローデットに収める。これで下船迄スーツケースの詰め替えをしなくてもいいことが飛行機で行くツァーと違う所かな一番に考えさせられたところです。
 
 12:35いよいよ船上生活の始まり
接岸しているダイアモンド・プリンセス  マイ・船室 A408号室 バルコニー から乗船ターミナルを眺め
船内散策
デッキから海遊館を眺める  サン・デッキ15をお散歩 野外劇場 サン・デッキ15
リド・デッキ14にあるプール&ジャグジー リド・デッキ14にあるプール グランドプラザ(アトリゥム)
 夕食はメインダイニング、インターナショナルダイニングで    
 
 メインダイニング ディナーで何時も同席している方々  
 夕食後シアターでバルーン・アーティスト世界チャンピオンSYANのバラエティーショーを鑑賞 
ショーが終わりデッキに出て暫くすると2時間30分遅れで大阪港を出港しました。
 トップページへ
 
第2日目 2月17日(日) 
沖縄那覇港に向けて終日クルージング。 航海速力22ノット、現状速力14ノットで航海中、出力低下状態なので那覇港には随分遅れる様子 。
 今日は、終日クルージングなので船内の沢山あるイベントをチョイスしながら楽しみます
 
 10:00からアトリウムにて野菜と果物の彫刻デモンストレーションがあった。職人さんがナイフで手早く野菜や果物を彫刻してゆく様子は素晴らしかった。
 11:00から引き続きアトリウムで行われる写真マスター教室に参加。
写真家ヨシコがプロが使う、ポートレートを撮るときのライティングのテクニックを教わりました。その時被写体のモデルとして駆り出されました。

 昼食はリド・デッキ14にあるブッフェレストランで済ませ、食後アイスクリームバーへ立ち寄りました。

 デッキ14でジャグジーの湯舟をホールに見立ててビーチボールをパターで入れるピッチングゴルフをやっていたので挑戦したが失敗に終わりました。
 
 プロムナード・デッキ7へ行きウオーキング。このデッキは船を一周できるのでウォーキングをしている人を多く見受けられます。私の歩幅で一周約1000歩ありました。

 今夜のドレスコードは1回目のフォーマルで、ディナータイムにはフォーマルスーツを着込みちょっとおしゃれをして出かけました。
 夕食後PM7:00からキャプテン主催のグラスタワー・パーティーに参加。
 PM8:00からスリンセス・シアターでプロダンシングショー:ボーン・トゥ・ビ・ワールドを観劇
 
 第3日目 2月18日(月 )       今夜のドレスコード:スマートカジュアル
 AM7:00入港予定が、PM12:00 船舶トラブルがまだ続き5時間遅れで那覇港に入港したが観光に上陸出来ず、外国国籍の人だけがターミナルで出国手続きを済ませました。
 PM14:30 次の寄港地、基隆港(台北)に向けて那覇港出港。
     那覇ターミナル
下船できなくて計画していた首里城観光もダメになり船内でイベントに参加して時間を過ごすことにしました。
寄港時間が遅くなったのと下船出来なかったお詫びとして、船内で使えるオンボードクレジットを一人$100が加算されました。
 トップページへ 
 第4日目 2月19日(火)       今夜のドレスコード:スマートカジュアル
 
PM11:20基隆港に入港し約4時間遅れでPM11:45接岸。
基隆 (Keelung)
 基隆は台湾第二の港で、台北の外港として栄えてきた。もともとはここに暮らしていた台湾原住民族の族名がなまってケランと呼ばれるようになって、19世紀に基隆(キールン)と改められて現在に至る。中国語では「ジーロン」ですが、国際的にはキールンのほうが有名で、入港の際に見える、まるでハリウッドのようなプレートにも「KEELUNG]とあります。
 1895年に台湾が日本の領土になると、基隆港の整備が進められ、同時に街も発展して行きます。この時代には日本との航路も開設せれ、基隆の商人が大量のバナナを門司港に持ち込み、バナナのたたき売りを行った。太平洋戦争が終わると、台湾は中華民国に接収。今日基隆は首都台北のベットタウンとして栄えています。また雨が多い土地として知られ、別名「雨の港」とも呼ばれています。

寄港時間が遅れたので下船したのがPM12:30。出港時間がPM16:30、観光する時間も自ずと少なくなり予定していた初めて訪れる基隆の街を駆け足で観光して回りました。

基隆の街の観光を終えてPM15:30 ダイアモンドプリンセスに帰船。
PM17:30からディナータイム。食事中に船は基隆港を静かに離れていました。
食後は、プリンセスシアターでPM20:45から始まるショータイム「マルコ・ゾッピ&ロランダ」のザ・バブル・ショーを観劇。

船のトラブルも基隆に停泊中に修理も終わり、航海速力22ノットを取り戻し横浜に向かい航海中。
 トップページへ 
 第5日目 2月20日(水)    今夜のドレスコード:フォーマル

 横浜港に向けて終日クルージング。
朝食をインターナショナルダイニングで済ませ、ウォーキングデッキで3周ウォーキング。
AM10:30 からデッキ7後方のクラブ・フュージジョンで行われていた世界のお祭り、盆踊り教室に参加。クルーズのスタッフと一緒に盆踊りを楽しみました。
昼食は久しぶりに日本食が食べたくて有料レストラン「海寿司」で寿司定食を食べましたが、味はまずまずでした。

午後からは、ウォーキングをしたり、昼寝をしたり又、ピザやアイスクリームを食べたりし船内をぶらぶらと散策して過ごしました。

 17:30夕食今夜は二回目のフォーマルディー何時ものメンバーとディナーを楽しみました。
 インターナショナルダイニングでオーダーした料理。
前菜 フレッシュサラダ トマトのスープ
エスカルゴの料理 オマールエビの蒸し料理 ケーキ&コーヒー
夕食後、7:45からシアターでプロダクションショー:ブラボーを楽しんだ他20:45からエクスプローラーズ・ラウンジデッキ7中央で催しされているダイアン吉日の落語会(英語&日本語)で大変笑わせてもらいました。
その後船内のあちらこちらで行われているイベントを見て周り時間も遅くなったので部屋に帰りシャワーを浴び午後11時頃就寝。 
     
ダイアン吉日さんと 2回目のフォーマルディー プロダクションショー:ブラボーの1シーン 
 第6日目 2月21日(水)   終日クルージング  今夜のドレスコード:スマートカジュアル 
 朝8時ごろインターナショナルダイニングで朝食をとり、食後は日課の船内周遊ウォーキング。デッキ5中央のアトリウムで行われていたホールインワンに挑戦したが失敗。 
船内で行われてるイベントを見たり聞いたりしながら時間を過ごします。
昼食はデッキ14にあるホライゾンコートでバイキングの軽食。
夜は友人に勧められていた有料レストラン「サバティーニ」でディナーに決め予約を入れる。
15:00からインターナショナル・ダイニングルームでアフターヌーンティーを楽しみました
 
 
 今夜のディナータイムはちょっと贅沢して17:30に予約していた有料レストラン「サバティーニ」に出掛けました。

 夕食後20:45からプリンセス・シアターでショータイム、ロックンロールのキング&クィーンの「ステファニー・ホジソン」を楽しみました。
トップページへ 
第7日目 2月22日(木)        今夜のドレスコード:スマートカジュアル
 夜明け前、横浜港に入港ベイブリッジを通過し 6:00横浜港大桟橋に接岸。
 横浜港に入港 ベイブリッジの下を通過 バルコニーから対岸の赤レンガ倉庫
 朝食をメインダイニングですませ、9時半ごろ寄港地横浜観光の下船準備。午前10時に下船、バスターミナルから無料周遊バスが今回初の試みで実施されていたので乗車し横浜市内観光に向かった。横浜ランドマークタワー前で下車して、ランドマークタワー、ドックヤード2号、帆船日本丸(修理中だった)等を見学。再びランドマークタワー前からバスに乗り赤レンガ倉庫に向かう。
無料周遊バス 横浜ランドマークタワー前にて  補修中の日本丸
横浜赤レ ンガ倉庫 象の鼻パークからのダイアモンドプリンセス
     
     
 象の鼻パークから徒歩で山下公園を経て横浜中華街まで行き 中華街の観光。昼食は台湾で食べる時間が無かった中華料理を「重慶飯店」で飲茶料理を食べました。
     
 昼食後、中華街から徒歩で山下公園へ。係留されている日本郵船氷川丸を見たり、公園内をぶらぶらと散歩をしながら横浜港大桟橋まで帰り客船ターミナル屋上を散策し、又、接岸中のダイアモンドプリンセスをバックに記念撮影を終え乗船。本日はスケジュール通りに行動が出来有意義な一日でした。
 
  中華街散策   
日本郵船氷川丸   山下 公園 散策
山下公園からのダイアモンドプリンセス ダイアモンドプリンセスを背に記念撮影;  
     
 PM5:00横浜港大さん橋より横浜市消防艇の送迎放水を受けて名古屋港に 向けて出港。 
 
 
 PM5:30から夕食、ドレスコードはスマートカジュアル。
いつものメンバーと和気あいあい談笑しながら楽しいデナァータイムを過ごしました。
今宵、オーダーしたメニュー     
     
     
 夕食後、PM:8:45からプリンセスシアターでショータイム「デイブ・レイブ」の面白いジャグリングを楽しみました。ショウタイムが9時30分ごろ終わり船室の戻りシャワーを浴び11時ごろ就寝。
     トップページへ 
第8日目 2月23日(金)        今夜のドレスコードはスマートカジュアル
 朝7時頃、名古屋金城ふ頭に接岸。周りは、コンテナヤードで乗船ターミナルもない殺風景な港でした。
     
 PM9:00下船。名古屋城本丸御殿が復元完成されたので観光を目的に 最寄り駅、名古屋臨海鉄道「金城ふ頭駅」にシャトルバスで向かいあおなみ線で名古屋駅へ。名古屋駅は数十年ぶりに訪れたのでしたが随分様変わりしていたので浦島太郎状態でした。地下鉄名古屋駅から東山線に乗り栄駅で名城線に乗り換え市役所駅で下車し名古屋駅に向かう。
     
 名古屋城本丸御殿観光。 
地下鉄市役所駅乗車出入口 東門周辺の石垣 名古屋城天守閣
本丸御殿玄関 御湯殿書院と上浴殿  上浴殿
上浴殿と対面所・下御膳所 表書院   
 平成21年から復元工事を開始されて平成30年に本丸御殿全体が公開されました。内部の装飾(襖絵・壁画)等一部未完成のところはありますが江戸時代の姿はほぼ復元されています。天守閣は耐震性に欠けるため現在閉館中で天守閣の木造復元を計画進行中です。
     
  名古屋城観光後、JR名古屋駅まで戻り、駅地下街の商店街で昼食。ちょうど 昼時に当たりどこの店も満員、海外からの観光客がやはり多く見かけられ店  先で並んでいます。久しぶりに日本食が食べたくて蕎麦屋が比較的早く店に入 れるようだったので少し並んで入店し天ぷらそばを注文。店内もやはり外国か らのお客さんが多数席を占めていました。
出港に遅れないよう午後2時頃、名古屋駅から臨海高速鉄道あおなみ線で「金城ふ頭駅」へ船まではシャトルバスに乗車。午後3時過ぎに乗船。


 名古屋金城ふ頭PM16:00  大阪港に向け出港。
   
PM17:30 今回クルーズ最後のディナータイム何時ものメンバーは勢ぞろい皆様方は色々な船に乗られている様でお話を聞きながらの食事タイムは楽しいひと時を過ごすことが出来ました。食事も毎日、違ったメニューを好みの物をオーダーして美味しく飽きずにいただくことが出来き大満足。
大阪交野からのご夫妻  岡山からのご夫妻  京都宇治からの母娘
 
 
 食後は、何時もの様にプリンセスシアターでのショータイムを観劇。今夜は日本の伝承民話「鶴の恩返し」を題材としたミュージカル「ザ・シークレット・シルク」出演はダイアモンド・プリンセスのシンガー&ダンサー。
 
 ショータイム観劇後、いよいよ明日は下船のためスーツケースのパッキング。下船後、ターミナルでスーツケースを受け取れるので廊下に出して置き、シャワーを浴び午後11時ごろ就寝。
     
第9日目 2月24日(土)
 AM7:10大阪港へ大阪市消防艇の歓迎放水を受けながら入港、8時ごろ大阪南港に接岸。
 
 船室は9時にチェックアウト。接岸から下船迄2~3時間かかるので手荷物を持ちダイニングルームで朝食をとりながら下船時間を待機し10時頃下船。客船ターミナルでスーツケースを受け取り、大阪メトロで家路に向かう。長いようで短かった9日間の初クルーズが終わりました、最初は不安な旅路でしたが日々楽しい生活が船上で過ごせたので機会があれば船旅に出かけたくなりました。
 
  
 
  トップページへ