重要伝統的建造物群保存地区

   日本の原風景 かやぶきの里 北村       京都府南丹市美山町知井
 北村は谷間のゆるい傾斜地に住まいが一塊に密集した山村で、何処からでも全体が一望に出来るまとまりの良い村で、地理的には昔の丹波国に属します。京都と日本海の玄関口の若狭小浜との中間に位置しますので、建築や生活文化には色々な地域の影響が見られます。北村の現在のかやぶき家屋は寛政8年(1796)建築のものが最古ですが、十九世紀中頃の建物が18戸と江戸時代に建てられたものが多く、北山型民家に分類される特徴を良く伝えられている。荘園時代の昔から山稼ぎが暮らしの中心だった村でしたから、建材は殆ど周りの山から調達するのが当たり前の事でした。自分達の手で守り育てた自然の恵を頂いて建てた家に住み、周りの田畑山野から四季の恵みを頂いて囲炉裏を囲む。かってはごく当たり前だったそのような暮らしを、いったん失いかけて、今再び、新しい形で取り戻しつつあるのが、北村の現況と言えるようです。






 各写真をクリックすると高画質写真が見られます。
 閉じる時も高画質写真をクリックしてください
 右クリックは手動時「次へ」、自動スライド時「静止」になります